Green Prop Corporate movie

”CSR経営”サポート

責任であり、可能性でもある。CSRが、持続的経営の切り札になる。

CSRを誤解していませんか?

『企業の社会的責任』と和訳されるCSR。この意味を『地域の清掃活動や寄付活動など、
本来の企業活動とは関係のないところでおこなうボランティア活動』のように捉えている方が多いようです。
しかし、それはまったくの誤解です。
本来のCSRが持つ意味とは、『自社の企業活動が社会に与える影響に責任を持つ』ということ。
あらゆる経営判断を、地球環境や社会環境に配慮しながらおこなう必要があるのです。
そこで生まれたステークホルダー(利害関係者)からの信頼を育み、継続的に発展可能な企業へと成長する。
これが、Green propの提案するCSR経営です。

間違ったCSR